新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、延期しておりました古事記学会・風土記研究会合同シンポジウム、ならびに令和四年度古事記学会大会(研究発表会)を、オンライン方式で開催いたします。

期日

令和4年6月18日(土)~19日(日)

期日

オンライン開催(Zoomを使用)

日程

6月18日(土)シンポジウム(午後1時~午後4時40分)

(総合司会)愛知淑徳大学教授 中野謙一
古事記学会代表理事挨拶 代表理事 神田典城
風土記研究会代表挨拶 代表 橋本雅之

講演①九州風土記の編纂と大宰府・再論

東京大学名誉教授 多田一臣

講演②古代大宰府の空間的世界―古代交通と大宰府の内と外―

筑紫野市歴史博物館館長 小鹿野亮

講演③伝承の重層と述作

京都大学名誉教授 内田賢徳

ディスカッション

皇学館大学教授 橋本雅之

6月19日(日)研究発表会

午前の部(午前10時~午後12時10分)

(総合司会)フェリス女学院大学教授 松田 浩

発表①『古事記』における「黄泉」について―漢語の受容を中心に―

國學院大學大学院生 リュウサイモン
(司会)奈良県立万葉文化館主任研究員 阪口由佳

発表②『古事記』「軽太子物語」の背景―伝承氏族と銅鏃の関係性について―

学習院大学大学院生 長見菜子
(司会)奈良県立万葉文化館主任研究員 阪口由佳

発表③『古事記』「ときじくのかくの木実」将来説話における「縵」と「矛」の意義

國學院大學特別研究生 藤嶋健太
(司会)京都精華大学教授 是澤範三

―休憩―(午後12時10分~午後1時)

午後の部(午後1時~午後2時30分)
発表④『常陸国風土記』行方郡藝都里条の主題について

京都女子大学非常勤講師 衛藤恵理香
(司会)奈良大学准教授 鈴木 喬

発表⑤『豊後国風土記』総記条の文脈理解

宮崎県立看護大学教授 大館真晴
(司会)奈良大学准教授 鈴木 喬

閉会の辞

上智大学教授 瀬間正之

総会(午後2時40分~午後3時30分)

申込方法