古事記学会は、『古事記』の学術的研究を推進することを目的として設立されています

古事記学会 奨励賞

  • HOME »
  • 古事記学会 奨励賞

古事記学会 奨励賞 規約

賞の目的

  • 新進研究者のすぐれた業績を顕彰し、古事記研究のいっそうの進展と、古事記学会の活性化をはかる。

賞の対象

  • 古事記を中心とした研究論文で、原則として35歳以下の執筆者によるものとし、前年1月1日から12月31日までに公表されたものを対象とする。

賞の選考

  • 本賞は、古事記学会の中におかれた選考委員会によって選考される。
  • 選考委員は、定員を5名とし、古事記学会代表理事委嘱の推薦委員(4名)の推薦により、理事会の承認を経て決定する。ただし、代表理事が必要と認めるときは、定員以外の選考委員を臨時に委嘱し、これに加えることができる。
  • 選考委員の任期は2年とし、重任を妨げない。
  • 選考委員会は、広く候補論文を募集した上で選考にあたり、古事記学会代表理事の同意を得て、受賞対象論文を決定する。

賞の贈呈

  • 本賞の贈呈は、毎年古事記学会大会に際し、古事記学会代表理事より行われる。
  • 代表理事は受賞者を表彰し、賞状と副賞を授与する。
  • 副賞は、故塩崎芳子氏の寄金から醸出される。

募集要綱

  1. 賞の対象者は、学会員・非学会員を間わない。
  2. 対象論文の応募方法は自薦・他薦を問わない。
  3. 『古事記年報』誌を通じ、学会員全員に推薦を依頼する。
  4. 応募する場合には、対象論文の論文名・掲載誌(著書)名及び号数・発行年月日・著者名・年齢を明記する。
  5. 募集の締切は、対象年の翌年の3月末日とする。
  6. 提出先は事務局とする。

内規

  • 当該年度の『古事記年報』に掲載された35歳以下の執筆者の論文は、自動的に.奨励賞の対象とする。

(平成10年9月5日制定)
(平成14年3月23日内規制定)
(平成25年12月21日改訂)

古事記学会奨励賞 受賞者情報

年度受賞者対象論文掲載先
平成12年度第 2回是澤範三 氏「上代における「若」字使用の様相
―疑問推量の場合―」
『古事記年報』41号
(平成11年1月発行)
平成14年度第 4回朴 美京 氏「須佐之男命の昇天をめぐって
―「請」を手掛かりに―」
『古事記年報』43号
(平成13年1月発行)
平成15年度第 5回大館真晴 氏「『日本書紀』にみる綏靖天皇像
―「考」という視点から―」
『古事記年報』44号
(平成14年1月発行)
平成17年度第 7回植田 麦 氏「古事記における―「今」
―上巻の「天下」を中心に―」
『国語と国文学』
81巻7号
(平成16年7月発行)
平成19年度第 9回小林真美 氏 「卜部兼永筆本『古事記』における校合過程
―「イ」本注記―」
『古事記年報』48号
(平成18年1月発行)
平成28年度第18回葛西太一 氏 「神武紀冒頭部の位置付け
―アマテラスの呼称転換と訓注の重出・不順をめぐって―
『古事記年報』58号
(平成27年1月)
PAGETOP
Copyright © 古事記学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.